顧客満足度調査はCS調査とも言われ、近年、これを重視する企業が増えてきています。
顧客満足度調査つまりCS調査は「企業の成長はお客様第一、お客様優先でないとあり得ない」という考えから生まれています。

多様化するサービス業界を生き抜くうえで重要視されるようになってきました。

時代は、工業社会からサービス経済社会に移り変わってきました。
工業社会では、生産性や効率というものが非常に重要視されてきました。顧客の満足よりもいかに効率よく、数多く生産し、コストを下げるか、これが企業が生き残る上で大事なことでした。
しかし世間にものが溢れ、海外からも多くのものが輸入する時代になってくると、当然のごとく競争が激化していきます。
その中で生産重視、効率重視だった企業が少しずつ顧客の意見に耳を傾けるようになっていったのです。

顧客満足度調査、CS調査を通して企業に伝えられた顧客の意見やアイデアはその後に企業が新しく発売する商品やサービスに反映されるのです。
顧客は自分たちの意見が反映された商品やサービスによってさらに満足するのです。

しかし顧客満足度調査、CS調査を行ううえでは客観性が非常に重要になってきます。
調査を行うときにはやはり企業にとっては耳の痛い意見もあるでしょう。
しかし本当の意味で顧客満足を求めるならば、そのような意見にも耳を傾けなければなりません。
そのため顧客満足度調査、CS調査には企業自らが行うこともありますが、専門業者が客観的な視線で行うこともあります。

イチ押しリンク